問題

スクウェア・エニックスからのメールにお気をつけて【フィッシング詐欺】

久しぶりの更新です。こんにちは。

最近こんなメールが入ってきたんです。

フィッシング詐欺メール001










Gメールの迷惑メールに振り分けられてました。
一目見ただけで、最近流行りの「フィッシング詐欺か!」と思いましたが、
どうもフィッシング詐欺にしては様子がおかしい。

文面に書かれている
https://secure.square-enix.com/account/app/svc/Login?cont=account
を見るとどうみても公式のアドレスです。

メールの送信者(From:)も一応確認してみると、
autoinfo_jp@account.square-enix.com
と、こちらも公式のドメインの様子。
(ただし、From:は改ざん可能なのであまり意味は無いけど)

公式のアドレスでフィッシング送っても意味あるのか?
それとも公式の正式なメールなんだろうか?登録したほうがいいのか?
などとちょっと不安になってので↓の公式サイトを見てみました。

スクウェア・エニックスアカウント(http://www.jp.square-enix.com/account/)

(Google検索から行った所ですのでアクセスしても大丈夫です)

ありました。一番上に

【重要】フィッシング詐欺サイトへ誘導するメールやメッセージにご注意ください

というお知らせが。

内容を軽く見ていくと・・・

【不審なサイトの見分け方】

リンク先が表示とは別のものになっていないかをご確認ください。
ブラウザやメーラー上で、マウスカーソルを該当のURLにあわせて画面上に表示されるリンク先を確認するなどの方法で、リンク先が別のものになっていないかをご確認ください。

という部分。これですね。

そういえば、Gメールの迷惑メールに振り分けられると、リンクが消えるんでした。
というわけで一時的に迷惑メールの指定を解除してみます。

フィッシング詐欺メール002










はい。確かにアドレスがリンクになってます。
確認してみると、表示は

https://secure.square-enix.com/account/app/svc/Login?cont=account

という公式のアドレスのものですが、リンク先を見てみると・・

http://secure.square-enix.com.a.dqxfi.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account

となっていました(アクセスしてはいけません)。

こうなればだれでもわかる間違い探しです。
.a.dqxfi.comなどという訳のわからないアドレスが入っています。

アクセスして何か入力すると漏れ無く情報が盗み取られるわけですね。
これがフィッシング詐欺の手口。
今更ながら勉強になりました。
これが銀行とかだったら怖いですねぇ。

では、今後怪しいメールが来たらどうするか?
やっぱり鉄則として、「無視をする」「アドレスにはアクセスしない」というものでしょう。
お使いのメールサービスで迷惑メールに振り分けられてたら単純に気にしないで無視しましょう。


でもやっぱり私みたいに「ログインしないとまずいんじゃないの?」と不安になってしまった方。
一度、「検索」をしてから公式ページに行ってログインしましょう。
それならばフィッシング詐欺の余地がありません。

というわけでフィッシング詐欺の勉強になった話題でした。
(久しぶりのブログ過ぎて口調などがよくわからなくなってしまいました)

あとフィッシング詐欺についてのサイトをいくつかおいておきます。
フィッシング110番 :警視庁

5分で絶対に分かるフィッシング詐欺 - @IT
Wikipedia:フィッシング (詐欺)

お読みいただきありがとうございました。

デジタル化で視聴率やらをとるのが簡単だという話があったので問題点を挙げてみる

Twitterでは文字数制限がきつすぎるので、ブログにまとめてみます。

デジタル化で視聴率など簡単に取れるといった話がありました。が、私はそうは思いません。以下に理由です。

1.
デジタルテレビでも情報を送信するには通信回線が必要です。安価なデジタルチューナーではデータ放送や双方向の機能自体がついていないものもあります。システム開発も必要です。(放送局側、テレビ側ともに)。
一体これらのコストは誰が負担するのでしょうか?


2.
通信回線はいわゆる情報機器に詳しい人、双方向に興味がある人しか繋ぎません。そうなると若い人が多くなるでしょうし、情報機器に詳しい人が見る放送の視聴率が増えるかもしれません。例えばIT系の方が好きなアニメ放送の視聴率が上がり、中高校生が好きなボカロ系番組の視聴率が上がり(・・もしかしたら親御さんに決定権があるので下がるかもしれません)、「双方向?ん?」という老人方が見る演歌番組の視聴率は下がるでしょう。また、で述べたコストを例えば視聴者が一部負担するとしましょう。テレビに本当に好意的な人しか協力しません。NHKの公共料金や税金で負担しますか?誰も納得しないでしょう。

繋げられる人と繋げられない人、協力する人と協力しない人がいて、果たして公平といえるのでしょうか?


3.
の問題点をクリアしたとして、データ放送・双方向の仕組みを使えば勝手に視聴率を取れるではないか、と思われるかもしれません。確かにそうかもしれませんね。

でも、それって良いんでしょうか?

私は私がどの番組を見てるかなんて情報を勝手に取られたくありません。いやホントはいいけど(どっちだ)。でも、このような考え方をする人も少なからずいるはずです。電話番号やら氏名やらはよく個人情報といいますが、この視聴情報も明らかに個人情報だと私は思います。

Googleが自社のサービスの個人情報をまとめるなんて規約変更が問題になったりしました。そんな時代です。果たして視聴情報を勝手に取るシステムは理解されるのでしょうか?


以上です。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード

トップに戻る