テレビ

TvRemoteViewer_VBで配信したロケーションフリー動画がAndroid端末から見ると変になる件

またまた久しぶりの更新。デルタンです。

これまで、px-w3pe @ ウィキさんを参考に地デジとBSを試聴する環境を整えてました。
ソフトとして視聴はTVTest、録画はEDCBを使い、
ソフトとチューナー用のBonDriverの間はSpinelを挟んでいます。
他のPCでもSpinelを経由することで地デジ・BSが試聴できてました。

が、AndroidのタブレットやスマートフォンからはSpinelにアクセスすることができない。
仮にアクセスできたとしてもビットレートが高くて外から見るには敷居が高い。
ということで以下のブログを参考に、TvRemoteViewer_VBというソフトを導入して、
Androidから見られるように環境を整えてみました。
iPhone/Android/モバイルPC等によるロケフリ・テレビの視聴環境を作る

できました!(ありがとうございます。ありがとうございます。)

チャンチャン。と、ここまでならブログのエントリーにすることもなかったんですが、
ちょっと問題があったので書いてみました。

問題とは、これです。

F-06E, Android4.2.2
Screenshot_2014-11-10-15-21-19_clip
















Nexus7(2012), Android4.4.4
Screenshot_2014-11-10-15-23-27_clip
















静止画じゃわかりにくいですが、再生時にこんな感じになってしまうのです。
これは、動画のビットレートが足りない時の「ブロックノイズ」とは違う、
PCでいえば、再生するための性能が足りなかったり、ハードウェアの再生支援を受けている時に、
ハードウェアが動画の形式に対応してなかったりしたときに現れる、
動きのデータだけ表現されているような、動画がみょ~~~んってなるやつです。(わかりにくい)

これではTVを見ようとしたら逆にストレスが貯まります。
「なんとかしたい・・・、なんとかします!!」
by SHIROBAKO第1話(宮森さん)より(2014年秋~冬おすすめアニメです)

ということで、以下の本家サイト様などで調査をしてみます。
ロケーションフリー TvRemoteViewer_VB
地デジのロケフリソフトを作るWIKI

掲示板によればどうやら、「MX動画プレーヤー」というアプリで再生URLを開けば普通に見られる、とのこと。
通常はブラウザでページを開いてそのまま動画が見られます。
PCではなんの問題もなく見られました。
ちなみにSOL21(Xperia VL), Android4.1.2ではちゃんと見られるんですよね・・。

結論としては・・・出来ました!
が、そのままだとブラウザで見た時と同じようにみょ~~んとなってしまうので、設定が必要です。
また、私の持ってる端末ごとにも設定が違いましたので以下にまとめてみます。

TvRemoteViewer_VBの動画を再生した時の動作
 








ブログシステムでは表が作れなかったので画像です。
みょ~んとなる端末でも、ハードウェアデコーダーの「H/W+」に設定するとうまく表示されるようになりました。
またF-06Eは「H/W+」にすると音声が出なくなったのですが、
「S/W音声」にチェックを入れると、音声も出るようになり正常に視聴できるようになりました。 

みょ~んとなるのは、再生支援のハードウェア(チップ?)の問題なんですかね・・。
というわけで、「MX動画プレイヤー」を使っている限りは快適ロケーションフリー生活が送れそうです。

他の端末に今回の結果が当てはまるか分かりませんが、何かの助けになれば幸いです。

以上、今回のエントリーでした。

 

デジタル化で視聴率やらをとるのが簡単だという話があったので問題点を挙げてみる

Twitterでは文字数制限がきつすぎるので、ブログにまとめてみます。

デジタル化で視聴率など簡単に取れるといった話がありました。が、私はそうは思いません。以下に理由です。

1.
デジタルテレビでも情報を送信するには通信回線が必要です。安価なデジタルチューナーではデータ放送や双方向の機能自体がついていないものもあります。システム開発も必要です。(放送局側、テレビ側ともに)。
一体これらのコストは誰が負担するのでしょうか?


2.
通信回線はいわゆる情報機器に詳しい人、双方向に興味がある人しか繋ぎません。そうなると若い人が多くなるでしょうし、情報機器に詳しい人が見る放送の視聴率が増えるかもしれません。例えばIT系の方が好きなアニメ放送の視聴率が上がり、中高校生が好きなボカロ系番組の視聴率が上がり(・・もしかしたら親御さんに決定権があるので下がるかもしれません)、「双方向?ん?」という老人方が見る演歌番組の視聴率は下がるでしょう。また、で述べたコストを例えば視聴者が一部負担するとしましょう。テレビに本当に好意的な人しか協力しません。NHKの公共料金や税金で負担しますか?誰も納得しないでしょう。

繋げられる人と繋げられない人、協力する人と協力しない人がいて、果たして公平といえるのでしょうか?


3.
の問題点をクリアしたとして、データ放送・双方向の仕組みを使えば勝手に視聴率を取れるではないか、と思われるかもしれません。確かにそうかもしれませんね。

でも、それって良いんでしょうか?

私は私がどの番組を見てるかなんて情報を勝手に取られたくありません。いやホントはいいけど(どっちだ)。でも、このような考え方をする人も少なからずいるはずです。電話番号やら氏名やらはよく個人情報といいますが、この視聴情報も明らかに個人情報だと私は思います。

Googleが自社のサービスの個人情報をまとめるなんて規約変更が問題になったりしました。そんな時代です。果たして視聴情報を勝手に取るシステムは理解されるのでしょうか?


以上です。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード

トップに戻る