ソフトウェア

古いノートパソコンにLinuxを入れてみる

自分の親が前に使っていたXPのノートパソコンがそのままだったのでLinuxを入れてみることにしました。
LinuxとはWindowsと同じく、パソコンの基本ソフト=オペレーティングシステム=OSのことです。
XPはサポートが切れているので、Linuxを入れてみたら使えるかな?ということでやってみました。

パソコンは、VGN-FE30BというSONY時代のVAIO(2006年に購入)
・・・のCPUをCeleronからCore2Duoに載せ替えたもの。
この時代のノートパソコンはまだCPUがつけかえられるみたいで、
兄がなんか付け替えてました。
メインメモリは2GB載ってます。
最近のLinuxは有名なものをそのまま入れる場合、
全然軽くないのでこれくらい必要です。

こんなのです。
vgn-fe50b











ちなみにWindows10の評価版(体験版のようなもの)を入れたら動きました。
ので、一番ラクなのはWindows10を入れることでしょう。
15000円くらいしますが。


さて、入れましょう。
・・入れてみたんですが、いろいろ不具合が出てきて、
いくつかの種類のLinuxを入れなおして試してみることになりました。
下のような感じで、どのLinuxでも不具合が出てきます。


○Ubuntu 15.10(64ビット)
 ・無線が使えない
 ・電源が自動で切れない
  (シャットダウンの処理は最後までいっているように見えるが、最後のUbuntuのロゴの画面で、
   HDDのアクセスがとまり、電源が切れない状態となる)

○Lubuntu 15.10(64ビット)
 ・無線が使えない
 ・Chromeが入らない(Lubuntuのソフトウェアセンターでは入らないみたい?)

○Fedora 23 Workstation(64ビット)
 ・Chromeは入ったが、Yahooの画面を表示すると、操作の遅延というか、ガクガクする

ちなみに全部64ビットを入れてますが、
CPUがCore2Duoなので入れることが出来ています。
もともとのCeleronだと入れられても32ビットだけという可能性があります。


Chromeを入れないと最新のFlashPlayerが使えないのと、
古いFlashPlayerがどのLinuxでもうまく入れられなかったので、
Chromeはどうしても入れたい。
(FirefoxではFlashPlayerが見られない状態になっている)

Chromeが入らないのを解決するにはすごく時間が掛かりそうで面倒だったので、
Ubuntuを入れて他の問題を解決することにしました。


Ubuntuを入れると、こんな感じです。

Screenshot from 2016-02-08 18-56-48


















次に問題を解決していきます。
情報を得ながら作業したいし、ネットに繋がらないとスムーズにいかない
作業もありますから、LANケーブルを挿しておきます。
有線LANは使えます。

まず、無線が使えない問題。
無線内蔵パソコンには必ず無線チップが入ってますので、
それが何のチップなのか確認します。

Linuxの醍醐味、コマンドを打って確認します。
コマンド打つの嫌いなのでホントは打たずに解決できればいいんだけど、
打たないと進まないので打ちます(・o・)

まずは、「端末」というソフトがありますからこれを起動します。

Screenshot from 2016-02-08 18-52-30


















そして、

lspci | grep "Broadcom"

とコマンドを打ち込みます。


Screenshot from 2016-02-08 18-52-57_02

















ユーザー名の部分は削ってあります\(^o^)/


Broadcomのチップかどうかは分かりませんでしたが、
打ち込むとBroadcomの「BCM4311」というものが入っていることがわかりました。

この情報から色々調べていくと、こんなページがありました。
UbuntuTips/Hardware/HowToSetupBcm43xx

このページによればUbuntuの無線ドライバには
「STAドライバ」と「b43ドライバ」というものがある模様。
「BCM4311」は両方のドライバに対応しています。

更に調べていくと、今回入れてみたUbuntuには既に「STAドライバ」が入っているみたい。
ただ無線は動いていない。
となると「STAドライバ」ではなく「b43ドライバ」を入れてみてどうか、ということになります。

Ubuntu 11.10 getting wireless BCM4311 working 
このページに「STAドライバ」を削除して、「b43ドライバ」を入れる方法が書いてありました。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install firmware-b43-installer
$ sudo apt-get remove bcmwl-kernel-source
$ sudo reboot 
 
「b43ドライバ」を入れて、「STAドライバ」を削除するってことですかね。
最後に再起動です。

これで右上の扇型の無線のマークをクリックすると、
電波の名前、SSID一覧が出てきて無線設定ができるようになりました。
やった!

ってことで設定すると無線でネットに繋がるようになりました。


ここで流れでLANケーブルを繋いだままUbuntuのアップデートを行いました。
すると、電源が自動的に切れなかった問題も解決していました。
無線ドライバの入れ直しか、アップデートかどちらかは分かりませんが、
ここまでの作業で電源がうまく切れるようになったようです。


これでこのノートパソコンも使えるようになる!
と思っていたらさらなる問題が発生しました。

Chromeを入れてみたんですが、どうも表示されないページが出てくる。
特定のページというわけではなく、ページの更新をしているとそのうち出てくる場合や、
一度無線の機能を切って入れなおすと表示される場合があり、
このままではやはり使えないパソコンになってしまう・・。

エラーとしては「DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG」というもの。
DNSで名前がうまく解決できないというわけですね。


DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG error
というページがありました。

DNSに何か問題が発生している可能性があるので、
書いてある通りにgeditを起動して
DNSに関する設定ファイル「/etc/resolvconf/resolv.conf.d/head」
の最後の行に

nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

と記載してみたところ、うまくいきましたლ(´ڡ`ლ)

このアドレスはGoogleのDNSのアドレスですね。
通常はDNSとしてはルーターなどのアドレスが指定されていますが、
相性とか、ルーターが不調になったりするときなど、DNSがうまくいかない時は
直接外部のDNSを指定するといい感じになることが多いです。


Ubuntu15.10では「/etc/resolv.conf」に入力しても再起動すると戻ってしまうので、
先のファイルに記載すると良いようです。


これでしばらく使って問題なければノートパソコン復活、といえるかな?
 

Windows10へのアップグレードの記録 ──入れてみた編

Windows10、アップグレードしてみました。


起動後の画面。

Windows10へのアップグレード_009 
 
















スタードメニューも復活してますね。

Windows10へのアップグレード_010
















Windows8.1では、全画面で表示されるスタード画面でたくさんアプリを表示して起動していたので、
同じように出来るだけスタートメニューを広げて、カテゴリごとに整理してみました。

Windows10へのアップグレード_011
















一応、「設定」の項目でスタートメニューを全画面表示もできるみたいですが、
全画面表示してもスタートメニューの位置付けみたいで、
操作性がちょっと違うのでそちらの設定はやめました。

あと、タブレット用に「タブレットモード」というのもあるみたいですね。


モニタが2つあるので、拡張画面の設定でちゃんと使えました。

Windows10へのアップグレード_012






 



でも「タブレットモード」は使えなくなるみたいです。

では、次は前回リストアップしたアプリなどがちゃんと使えるかどうか試してみます。
 

Windows10へのアップグレードの記録 ──環境調査編

来る2015年8月6日、Windows10へのアップグレードが開始(7月29日)されてから一週間。
ようやく私のパソコンにもWindows10のデータがダウンロード開始されてきたので、
早速アップグレードしたいと思います。

ちなみに私のパソコンはWindows8.1(Update)で、Windows10のInsiderPreview(開発者版)には
参加しておらず、 Windows10の予約受付が開始されてから早めに予約を行いました。
なので、私と同じように予約を行った方はそろそろWindows10への
アップグレードができるようになっているかもしれませんね。 

まず最初に、Windowsをアップグレードする際には、あらかじめ使っているアプリや周辺機器の
互換性を調べておいて心構えをしておくことが重要です。

早速、私が使っているアプリや周辺機器を重要な方からリストアップしてくことにしましょう。
簡単に公式ウェブサイト等で調べてWindows10に対応しているかどうか調べて、
各項目の後ろに以下の記号でメモしていきます。
今回は掲示板・ブログ・Wikiなどの情報は見ないことにします。


○:公式サイト等で対応表記
△:不明(公式サイトなどが無い場合もこちら)
×:非対応
◇:Windows10無関係

□基本構成

  • CPU:Intel Core i7-3770 3.4GHz △
  • メモリ:DDR3 PC3-12800 4GB×2=8GB △
  • マザーボード:ASUS P8H77-V △
  • グラフィック1:NVIDIA GeForce GTX660(PCI Express x16) ○(ドライバ353.62で対応)
  • グラフィック2:Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵) △(ベータ版ドライバ有り?)
  • オーディオ:VIA HD Audio(オンボード) △
  • 光学ドライブ:PIONEER BD-RW BDR-208MBK/WS △
  • ネットワーク:Qualcomm Atheros AR8161 PCI-E Gigabit Ethernet Controller △
  • ハードディスク1:WDC WD20EZRX-00DC0B0(2TB) △
  • ハードディスク2:WDC WD20EZRX-00DC0B0(2TB) △
  • ハードディスク3:WDC WD20EZRX-00D8PB0(2TB) △
  • キーボード:PS/2キーボード PK-P12FUALG △
  • マウス:USBマウス M-M2URBK/RS △

□周辺機器

  • プリンタ:CANON MG5530(無線) ○
  • ICカードリーダ:SCR-3310-NTTCom △
  • USBハブ:SHBH-4CR △
  • TVチューナー:PX-W3PE △

□よく使うアプリ

  • ブラウザ:Chrome △
  • Twitterクライアント:Tween △
  • TV再生ソフト:TVTest △
  • TV録画ソフト:EPGTimer △
  • TV再生関係ソフト:Spinel △
  • TV遠隔視聴ソフト:TvRemoteViewer_VB △
  • ID管理ソフト:KeePass △
  • 暗号化ソフト:TrueCrypt △
  • 動画再生ソフト:VLCメディアプレイヤー ○
  • 音楽再生ソフト:iTunes △
  • テキストエディタ:VxEditor △
  • メールソフト:Thunderbirdポータブル △
  • ニコニコ生放送タイムシフト録画ツール:kakorokuRecoder △
  • ディスクイメージ作成書込ソフト:ImgBurn △
  • コーデック情報調査ツール:MediaInfo △
  • エンコードソフト:HandBrake ○
  • エンコードソフト:xrecode II △
  • 文書作成ソフト:OpenOffice △
  • ディスクイメージマウントソフト:Alcohol52% △
  • ストレージ情報ツール:CrystalDiskInfo △
  • 遠隔操作ソフト:TermViewer △
  • オンラインストレージソフト:SugarSync △
  • VPNソフト:SoftEther VPN △
  • 遠隔モニタリングソフト:Palseway △
  • CPU温度モニタソフト:CoreTemp △
  • DDNS更新ツール:DDNSUpdater △
  • セキュリティソフト:avast! △

□バージョンが無関係な周辺機器

  • モニタ1:iiyama 1920x1080
  • モニタ2:IODATA 1280x1024
  • スピーカー:LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

△(不明)ばっかりですね・・・。
基本構成の部分では、CPU、メモリ、ハードディスク、キーボード、マウス等は
特に問題なく動くと思うので特に問題なさそうですが、
私の環境の場合、マザーボードに対応表記がなかったのが驚きでした。

やはりWindows10は出たばかりなので公式ページなどでの対応表記が少ないです。
アプリに限ると、私が使っているものはフリーソフトばかりなので、
Windowsとしか書いてなくてバージョンを意識していないページも多いですね・・・。
これは入れて試してみるしかない部分が多そうです。

ということで次は実際にWindows10を入れて試してみます。



Diskeeperは買ってはいけない

Diskeeperというソフトが有ります。
バックグラウンドでパソコンのリソース(処理能力)に余裕がある時に、
デフラグを自動的に行なってくれるソフトです。
今まではなんとなくお世話になっていました。

が、Diskeeperのプロセスである「DkService.exe」がハードディスクアクセスを100%に
してしまう症状があります。
システムディスク(Cドライブとか)が100%になるとパソコン全体の動きが耐えられないほど重くなります。
CPUにcore i7を積んで、メインメモリが8GB程あるマシンでもです。

100%になる時は数GBのデータが書き込まれた時が多いような気がします。
「いやいや数GBも書き込まないでしょ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、
今や、ゲームのアップデートが行われたり、テレビの録画を行うと数GBのデータを扱うことはザラです。

 自動デフラグはリソースの空きがあるときに行うはずですが、
そもそもDiskeeperの画面を見ても「Diskeeperが使用しているリソース」は「0%」。
どうやら自分がリソースを食いつぶしていることを認識していないようです。 

ネットで調べてもなんの情報も出てこないし(そもそも利用者が少ない)。

というわけであんまりオススメできません。

スピードダイアルアドオン「FVD Speed Dial」のChrome版に同期機能がついたよ!

私は、Opera使用時代からスピードダイアルを活用しています。
新しいタブを開くと、登録しておいたよく使うページをサムネイルで表示する機能です。
これがなかったら私も大量にタブを開く人たちの仲間入りだったでしょう。

現在はFirefox使いの私。
ですが、Firefoxの標準機能として、スピードダイアルというものはありません。
ですのでアドオンで入れることになります。

今使っているのは「FVD Speed Dial
他のスピードダイアルアドオンよりちょっと重めですが、
なんといっても同期機能がついていることが魅力です。
他のマシンでやるときいちいち登録してはいられません。

~~~以下蛇足
・・・でもいま思ったけど、Firefox自体の同期機能「Firefox Sync」を有効にしておけば、
別にスピードダイアル側に同期機能いらなかったんじゃね?
と思ったけど、次に述べることからやっぱり必要だな。
終わり~~~

このFVD Speed Dial、Chrome版もあるんですが、同期機能はFirefoxにしかついていませんでした。
しかしこの度、Chromeでも同期機能がつきました!

Chromeでは、同期機能は「FVD Synchronizer」という別アドオンになるようです。
入れてみたところ、同期機能がうまく働かなかったので、
FVD Speed Dial」自体も入れなおしてみたりして、同期機能が動くようになりました。

うまくうごかないなぁ・・、と思っている方は一度アドオンを削除してみるといいですね。

この機能がついたおかげで、スピードダイアルのデータが
FirefoxとChromeのブラウザの垣根を超えて同期されます。

こちらがFirefoxで

firefox speed dial

こちらがChrome(サムネが生成されてませんねぇ・・)
chrome speed dial


このおかげでブラウザの切り替えがより簡単になりました。
ちょっとFirefoxが気に入らないなぁ、変なバグが入ってるなぁ、って時は、
Chromeにすぐに乗り換えることができます。逆も然りです。

私はブックマークは「はてなブックマーク」を使っていて、
こちらもFirefoxとChromeそれぞれにアドオンを入れて、
一切の移行作業をしなくても良いようにしています。

ブラウザの移行はシームレスに行きたいものです。


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード

トップに戻る