2012年01月

SQLiteの.NET対応版「System.Data.SQLite」の配布場所に注意しよう

.NETでSQLiteを使いたくなるときがあると思います。
そのとき、グーグルさんで「SQLite NET」などと検索しますと、
System.Data.SQLite」という、アドレスが「http://sqlite.phxsoftware.com/」のページが出てきます。
「あ!ここがSQLiteの.NET版の配布場所なんだ~」
と思うのは大きな間違いです。
ここに置いてあるのは、バージョン「
1.0.66.0」までのやつです。
.NET3.5で使うのはいいのかもしれませんが、
.NET4で使うと「データベースエクスプローラー」でテーブルなどが見れません。
プログラム中で使うと設定をやらないとエラーが起きるっぽいです。
実は、グーグルさんで「SQLite」と検索して出てくる、
SQLite自体の公式ページ「SQLite Home Page」という、
アドレスが「http://www.sqlite.org/」のページから辿れるダウンロードのリンクに、
.NET版のSQLiteが置いてあります。
こちらは、バージョン「
1.0.77.0」などと最新版です。

・・ただ、このバージョンも「データベースエクスプローラー」でテーブルが見れません。
1.0.66.0」では、まかりなりにも「データベースエクスプローラー」への対応をしようとしていますが、
最新のバージョンではインストーラーに含まれていないようです。

次のバージョンでは、インストーラーに含むようなことが書いてあるっぽいので、待ってみます。
コードからSQLiteに接続してテーブルを取得したりすることはできます。

ということで、.NET4でSQLiteがエラーになる方に向けてこの情報をお送りしました。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード

トップに戻る